Good Luck !

ミュージカル、ディズニー、食べることがだーいすきなわたしの日記です。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あわれ彼女は娼婦

『あわれ彼女は娼婦』

6月25日(土)18時30分
新国立劇場 中ホール

出演:
浦井健治 蒼井 優 石田圭祐 中嶋しゅう
伊礼彼方 大鷹明良 春海四方 佐藤 誓 西尾まり 浅野雅博 横田栄司
宮 菜穂子 前田一世 野坂 弘 デシルバ安奈、他

マリンバ:中村友子




ネタバレありまーす。
公演は終わってるけど。





新国立劇場ってあまり訪れたことがないのですが
(前に行ったのはたぶん水さんのスミレなんちゃら)
演目によって舞台と客席の設置がすごく変わるのですね。

今回は、舞台が客席へ向かってせり出している感じで、
とても観やすかったです。

主演である浦井くんと蒼井優ちゃんによる
「近親相姦」の話を観るんだ!という意気込みで、
美しいお二人の官能的な場面を想像して行きましたが
そういったシーンはあまりなくて、
どちからというとそのまわりを取り巻く
大人たちのドロドロの人間関係の方が
ボリュームがあった気がします。

日ごろからストレートプレイが苦手、
と言っているわたしですが
先日の「アルカディア」と、今回の「あわれ~」は
理解できてるかどうかは別として、おもしろかったです。

スピーディな展開とか、まさかのラストとか、
誰々の演技に感動して泣けたとか、
そういうことがないにも関わらずおもしろかった。


「あわれ~」は特定のキャラクターが
掘り下げられる場面があるわけではないのに
役者さんがみんな巧くてわかりやすい。
暗くてどろっとした話もカラッとすすんでいくのもいい。
ややこしいセリフ回しではありましたが
多少聞き取れなくてもついていけた。

最後はなんだ結局皆殺しか…と
ちょっと残念に思いました。
まぁお父さんはショック死だけど。


アナベラ(蒼井優ちゃん)は
禁忌を犯して兄ジョヴァンニ(浦井くん)の子を
身ごもってしまうわけですが、
産めっこないでしょと思いつつも
あの時代中絶なんて医術はなかったんだもんねぇ。

そこへうまいこと求婚者がきたわけだから
わたしは「ラッキー!そいつの子として産んでしまえ!」
となんの躊躇もなく思ってしまいましたが
アナベラちゃんはそんな子でなかった…。

そうだアナベラがもっと軽くて悪女だったら
こんな暗い話にならなかったのに。


マリンバ演奏者の女性がすごく可愛らしくて、
バーゲットとポジオとドナードの場面をにこにこ見守ってた。
さらに、ちょっとだけお芝居に仲間入りする場面もあって
微笑ましかった。


ドナードおじさんはおバカで可愛い甥っ子を
亡くしてから廃人になってしまって、
そしたら朗らかな場面がなくなって辛かった…。


ヴァスケス横田さん、最近、さとしさんと同じ勢いで
いろんなドラマに出ててよくお見かけする。
なんかちょっと、鋼太郎さんの雰囲気を感じて・・・
最後のスペインイタリアうんぬん…を
深く読み取ることはできなかったけど(勉強不足)
ヴァスケス役はピアフのマルセルよりずっと横田さんを
魅力的に思わせてくれました。


ラスト、アナベラちゃんの心臓を握って
ソランゾ(伊礼くん)の誕生日パーティ会場に現れるジョヴァンニ。
ホラーもスプラッタも苦手なので
できれば目を覆いたいショッキングな光景だったけど
浦井くんの熱演から目をそらすわけにはいかなかった。

鼻水とよだれ噴出のNHKの大河状態(偏見)で
おまけに熱演過ぎてセリフも聞き取りづらかったけど、
狂い死にうますぎ…。

見ごたえのある約3時間でした。


どうでもいいんですけど、
実はこの日財布を忘れて(サザエさんか)
PASMOだけを頼りに地元と初台を往復しました。
身分証明書も現金もカードもなく
新宿まで出るって結構ドキドキでした。
その割に、帰りは優雅にロマンスカーで帰ってきたけど。


           
この日とはまったく関係ないんだけど
幡ヶ谷に住んでるMちゃんが、
初台にまいちゃんの好きそうなお店があったと
お菓子を買ってきてくれました。

Sunday Bake Shop の
全粒粉のショートブレッド(ねこがた)と、
オレンジとクランベリーのクッキー
DSC_3492~2

これが超!おいしくて、
しかも調べたらすごく人気のあるお店だったので
「あわれ~」の日に行こうと思ってたのに
その日は定休日だったのだ。

まっ
財布なかったから行っても買えなかったけど!笑

            
            


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://manitoi.blog54.fc2.com/tb.php/798-0b877021
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。