Good Luck !

ミュージカル、ディズニー、食べることがだーいすきなわたしの日記です。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SESSION 情熱と生活

o0695096013572202729.jpg

REVO2016  「SESSION 情熱と生活」
4/28(木) 19:00  初日 
新国立劇場小劇場

創作・演出・振付・制作/広崎うらん
出演:
加賀谷香、佐藤洋介、原田薫、
中本雅俊、平山素子、松島誠、
ナオミミリアン、桜木涼介、池田美佳、
西田健二、花島令、浅井好信、平
原慎太郎、武元賀寿子、辻本知彦
フィリップ・エマール、小島功義(和太鼓)
Voice : 中川晃教


新国立劇場は、都心の劇場には珍しく
チケットの半券で駐車料金を割引してくれるので、
車で行ってきましたー!
今ガソリンも安いから、電車賃より安く済むんだ。



正直、桜木くん(だけ)を観に行ったつもりでしたが
思っていたような難解なコンテンポラリーではなく
同じ目線に立てるような身近なキャラクターが
たくさん出てきて、それぞれの心情が
芝居からダンスに、ダンスから芝居に
なってゆく感じで、存外に楽しみました。
オムニバスの映画を見ている様な。

原田薫さんかっこよかったなぁ。
最初はフットの後藤にそっくり…と注視していたんだけど
芝居とダンスが嘘っぽくなくて
気が付けば一番目で追っていたかも。

場面としては2幕あたまの
ミカリングがMステに出るところが好きでした。
おどおどしていたミカリングが
本番はキレキレで、そういうギャップに弱いんだわたし。

少女時代と現在の2人のミカリングの
シンクロなダンスも良かったなぁ。
生成りの生地でできているようだった。

そして肝心の桜木くん、
開演前にパンフ見てまさかの少年役!!
セリフは可愛い少年だった。

総出演のエンディングにて、
男性陣みんな半裸で肉体美だったのに
桜木くん(少年)の役が中心になっていたので
彼だけ踊らず脱がず、
「まじって踊れ!(お脱ぎください!)」と念を送っていたら
おもむろに脱いで歩き出したのでヨシッと思ったら
そのままハケていってがっかりしたという…。

けど、わたしは桜木くんが踊りながら顔を振った時の
横顔がとても好きなのですが、
前半で何度かそれを観れたのでよしとします。



客席のつくりがおもしろくって、
中央の舞台があって前後に客席、
さらに舞台とフラットになって
左右にも1列ずつ客席があって、
(説明が下手すぎます)
どの席もとても舞台に近い!

わたしは前列の端っこだったのですが
目の前に和太鼓の小島さんがいて
背中の筋肉見放題という素晴らしい席だったのでした。
和太鼓だけじゃなくていろんな叩きものを自在に操っていて
すこぶるかっこよかった!!
ちゃんと「原始の人間」という役になりきってらっしゃいました。

アッキーの“Voice”も良かったなぁ。
ふと、オギーの「渋谷アリス」のずんちゃんの歌声が蘇った。
あれは平澤さんと桜木くんが両方出ているという
超豪華舞台だった…マイキー師匠も出てたし。

アッキーの高い声がすごく透明できれいで、
あージャージーボーイズ楽しみだわーーとぼんやり思いました。

       
そして観終わった後に、
満員電車じゃなくて車で自分一人で
好きな音楽聴いて歌いながら帰れるってさいこー!!!!

                 


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://manitoi.blog54.fc2.com/tb.php/766-7aed9d58
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。